Adrianが産まれてからさすがに2歳児花ちゃんの扱いがすごく難しい。。。といってもまだまだAdrianを可愛がってくれるし、言うことも聞いてくれるのでやりやすい方だとは思います。
ただ、2児のママとしてはどちらにも手をかけてあげたいし、時間も割いてあげたい!!!でもこの何日間かで、それは無理だということが重々分かりました。どうしてもおっぱいはママしかできないし(足らない分はミルクなのでAaronもできるんですが)、夜中も花とAaronの睡眠を考えると別に寝るのが一番な気もするし・・・。とにかく、何かにつけて平等にはまだまだ時間が割けないのです。でもでもそれを2歳児の花ちゃんに説明しても難しいし、まだまだママが欲しいのも十分承知だから、こっちが涙出てくる。。。(まだホルモンが上下激しいこともあるんですけどね)

そんなこんなでまだAaronママがいてくれるのでなんとかなりそうですが、今週金曜にはバイバイなので、その後どうやって二人を面倒みるのか・・・。なるべく近所のお友達に電話して遊びに来てもらおうとは思いますが、Aaronパパも風邪だし、なかなか頼みづらい。 でも一人で抱え込むとろくなことがないので、とりあえず誰かにHelpを頼むつもりです。
それにしても、花ちゃんのお姉ちゃんっぷりが可愛い☆
c0115258_2232038.jpg

これからの二人の成長が楽しみな2児の母Yukaなのでした。
それにしてもAdrian眠すぎ!!あんまり飲んでないように思ってましたが、体重は順調に戻りつつあるようです。

c0115258_2182976.jpg

[PR]
by yukahandacass | 2009-12-15 11:09 | hana & adrian
突然ですが、すでにこの世に産まれて出てきてくれました!!

Adrianエイドリアン Tatsu龍 Cassキャス
c0115258_5162013.jpg

12月 6日 3:18am
5パウンド14オンツ(2600gちょい)元気な男の子。

予定日は28日だったので、のん気に陣痛来ているのに、「また硬くなってきた!今は柔らかい!練習やね。」なんて友達のお家で夕食をいただきながら話していました。なんなら冗談っぽく、「インド料理で辛いもの食べたし、雪も降ってるし、条件は全部そろってるね。」なんて言ってました。笑。

c0115258_8523182.jpg


c0115258_9132244.jpg


陣痛は、花の時同様、今回も破水するまでは痛みもなく、ただのお腹の収縮でした。
友達の家で夕食中8時頃に始まった陣痛、自宅に着いた10時頃にはすでに5,6分おきに陣痛があり、それでも痛みはなく、まだ練習中だと思っていたので、そのまま寝つこうとしていました。
トイレに2度目行ったとき、「ポンッ」という音とともに破水したのが分かりました。でも羊水は全て流れてしまい、どれほど出たのか分からず、とりあえず少しまだ漏れを感じたのですぐにパッドを敷いて、ベッドで寝ていたAaronを起こしました。
「we are having a baby☆」って病院に電話しながら笑顔で言ってくれたのは忘れられません。
Aaronはすぐに病院に電話し、病院行きの鞄や必要なものを全て車に詰めてくれました。
そうこうしているうちに陣痛が少しずつ感じられる痛さになってきて、感覚も少し縮み始めました。そして花ちゃんも起きてきたので、リビングのカウチで一緒に横になりながら簡単に病院に行ってBabyを産むんだという説明をしました。少し前から一緒に 病院行きの鞄を詰めていたので少しは理解していた様子。

その日はたまたまAaronパパたちもNY、初の本格的な雪だったので、Aaronママの3時間ドライブも危ないと考えて、すぐには誰にも連絡はせず、花ちゃんも一緒に病院へ行くことに!! これは前からAaronといろんなバージョンを考えていたので迷いなく連れて行きました。

病院に着いたとき、まだ自分で歩くことはできましたが、陣痛が来ている時はゆっくりなるという感じでした。
看護士さんたちにはもう陣痛が短い間隔で来ているのがすぐに分かったようで、すぐに部屋へ入り、モニターをお腹につけて陣痛の間隔やBabyの心音も確認。
子宮口の開き具合もみてくれました。すでに5cm!!!
1amの破水から病院到着1:30すぎには5cm、3:00amには9cm、いつでもプッシュできるとのこと、
花ちゃんとAaronはYukaが声を出し始めたところで花が「too loud!! うるさい。I want get out.部屋出たい!」と言ったので廊下をウロウロしてくれていたようです。
一旦プッシュしだすとほんとに大変!!涙が止まらず、息が上手にできずに顎が上がって集中できていないのが自分でも分かるようでした。きっと花ちゃんの時はAaronが手をとってくれてちゃんとナビゲートしてくれたけど、今回は二人の看護士さんとドクターだけ。でもエイドリアンは反対向きだったにもかかわらず(顔を上向きに)たったの7分で出てきてくれました。
なので、今から考えると今回の出産はたったの7時間。痛みを感じていたのはたったの2時間。
またもや安産でした。
花ちゃんとAaronはエイドリアンが産まれてすぐに部屋に入れるように看護士さんがナースコールをしてくれていたようです。 花ちゃんはとっても嬉しかったようで、「Baby見たい」とライトの下のエイドリアンを見て色々話しかけていました。 本当にこの何ヶ月かで随分お姉さんになってビックリです。
Aaronはエイドリアンのへその緒を切ることもできたし、とっても嬉しそうでした☆

とにかく、4人家族になり、その瞬間を家族4人で向かえることができて本当に幸せでした。

月曜の夜中に花ちゃんが熱を出すまでは。。。エイドリアンは健康ですが、花ちゃんが風邪を引いたので、なんだか家の中はゴタゴタしてします。でもAaornママがいてくれるので本当に助かってます。

c0115258_285644.jpg


c0115258_517590.jpg


c0115258_2852.jpg


c0115258_220118.jpg

[PR]
あっという間にハロウィーンが過ぎたと思ってたけど、サンクスギビングまでが過ぎてしまいました。。。で、すでに街はクリスマス一色!!!
Babyちゃんも準備しているのか、周期的にお腹の張りが感じられるようにもなりました。といっても花ちゃんの時同様、何も痛みのない収縮だけなんですけどね。陣痛が来てるのも知らなかったので・・・。
そうそう、花ちゃんは17日の夜9時にBabyが来ると言い出しました。
Babyが男の子だと当てた花ちゃん、今度は生まれる日も当てられるかな?なんだかYukaもその辺りか、少し後くらいな気はしますけど、誰にも分からないし、ワクワクドキドキしてきました。
皆さんもお楽しみに☆
サンクスギビングですが、Aaronパパのお家でみんなでワイワイ豪華な食事をいただき、来ていた子どもたちにしっかり遊んでもらった花ちゃんでした。
c0115258_221634.jpg

デザートはなんと三種類のパイと4種類のアイスクリーム!!!!!
後から参加だったAaronママともワイワイ楽しく遊びました。
c0115258_221069.jpg


Aaronママが月曜の朝までいてくれたので、BabyのCribとかPack'n playなんかも用意できたし、ボトルやオモチャも煮沸したり、ブリーチしたりできて、準備も万端!!!? なんだか忘れてるものもありそうですが、生まれてからでもなんとかなるかな???(まだ少し能天気?!)
とにかく、クリスマスが確実に近づいてる今日この頃です。Babyちゃん、もう少しだけ待ってね☆
[PR]