いっぱいいっぱいの朝。。。

今日は花ちゃんの学校で、クラス写真があるというので朝から花ちゃんの着たいドレスを一緒に選び、髪型も好きなようにしてあげ、エイ君もズボンをはいていざ玄関へ。
そこで花ちゃんの大泣きが始まりました。というのも、靴をどれにするか決められず、特にどれじゃダメと言った訳じゃなく、どれでも良いよと言っても聞く耳持たず、ただただ泣きじゃくっていました。。。しんどかったのか?疲れていたのか?ただ泣きたかったのか??
先に外へ出ていたエイ君をチェックに出て、とりあえずエイ君を車の中へ(もちろん全て自分でしたいので車のドアを開けてあげて中に入ったことだけ確認)その間も花ちゃんは更にエスカレートしつつ大泣き。。。ふぅ。。。いくつか靴を取り出し薦めるも全てダメ。。。結局決まらぬままエイ君をチェックにまた車へ。
もちろん少し落ち着きかけていた花ちゃんはまた「ママ~!!ママ~!!」と大泣き再開。。。Oh My Gosh.....
そんなこんなで何度か車と玄関を行き来したのち、花ちゃんが泣き止まないし、エイ君が同じく泣き出したので、とりあえずエイ君が花ちゃんとママが話してるのを見えるように。と思い、車をガレージから出そうとバックし始めた時、「バキバキバキ!!!!!」と左の方で聞こえました。 というのも、ガレージから出すのにいつも車の右前角をぶつけないように気にしているけど、左のドアが開いたままだったなんて考えてもいなかった。。。
Yukaの頭はもうパンク寸前。。。でもいくつかクリアになったことも。。。まず、学校には行けない。今から色々保険やら修理屋さんやら電話したり忙しくなること、またお金がかかること。。。凹そして涙が。。。
まず、エイ君を車から降ろして玄関へ、花ちゃんに車のドアが壊れたことを話し、学校には行けないので靴の心配はしなくていいことも話した。 そしてAaronに涙ながらに電話。。。もちろん授業中。留守電に残す。
グランマに電話するも外出中。 Maraならいるかも?!と思い電話してみて大正解!!!
すぐに駆けつけてくれて話を聞いてくれて、色んなところに電話中も、子どもたちを見てくれていました。
Thank you So Much、 Mara!!!
とにかく、修理屋さん(前にお世話になっていたので覚えてくれていた)がすぐに来てくれて、証拠の写真を撮ったり、ドアを修理屋さんまで運転できるように閉じてくれたりしてくれ、Maraがいてくれたお陰で子どもたちはMaraの車に乗せてもらい、無事、車を修理屋さんにおいてこられました。

なんだか大変だった今日の午前中だったけど、修理屋さんいわく、「こういうの、よくあるケースですよ」だって。しかも、Maraも昔同じことをしたことがあったそうな。。。
なかなかまだ気持ち的にも落ち着いてないし、体も疲れてる。お昼寝したいのに花ちゃんは元気。。。エイ君がお昼寝してくれてるだけでも喜ばないとかもですね。。。

それにしても、どれだけのママがこんなことしてるんだろう。。。だれも怪我しなかっただけでもOKとしようと思います。 なるべく早くに直りますように☆

P.S. だれか教えて!! 子どもが大泣き(ただの泣き泣きじゃなくて、疲れてるか、なんだか訳が分からなくなって泣きじゃくる感じ)したとき、どのように対応していますか? 
なるべく本人の意見を聞くようにして、それでも落ち着かないときは膝の上に乗せてひたすら待つ。って感じです。 でもこっちがいっぱいいっぱいになることが多い(エイ君もいるとゆっくり二人で座ることができることのほうが少ない)ので、しんどくなってきたらとりあえず距離を置くように部屋の外へ出たり、するようにもしています。が、大体それは花ちゃんには逆効果。 だからって泣きまくってる花を膝に乗せるのも一苦労。大きいし、キックしてきたり、骨なし人間みたいにされると抱き上げるのも大変。。。ほんとどうしたものか。。。
二人っきりならどれだけでも時間を割いてあげられるけど、エイ君もいると今日のように二人とも泣きじゃくるという結果になりがち。。。 はぁ。。。これがずっと続かないのも分かってるし、花ちゃんだって知っててやってる訳じゃないとは分かっていても、毎日こうなると疲れます。しかも朝からのときは本当に大変。
まぁ毎回泣いてる理由は違ったりもするから、時間をかけて話を聞いてあげるしかないんでしょうかね。
ママ頑張ります!!!! とりあえず今日は午後ゆっくりして合気道の夜なので、寝かしつけるまでの体力温存に心がけたいと思います。
[PR]